犬の口臭と腸内環境の関係とは?具体的な対策方法をチェック

犬のお腹

犬の口臭の原因になっているのが、口の中のトラブルと腸内環境の悪化です。
その他にも色々な原因がありますが、大きく分けるとこの2種類になるでしょう。

 

口の中のケアをしているのにも関わらず口臭が改善されない場合は、腸内環境の悪化を疑いましょう。
毎日必ず食欲や便の状態などを確認してください。

 

腸内環境が乱れていると感じたら、すぐに対策する必要があります。
そんなときに簡単にできる対策方法を見ていきましょう。

 

腸内環境が口臭に関係する理由

 

今や善玉菌と悪玉菌という言葉を知らない方はいないでしょう。

 

簡単に言うと善玉菌は健康維持になくてはならない菌で、悪玉菌は身体に様々な悪さをする菌です。

 

腸内環境が整っているときは、腸内に善玉菌がたくさん存在しています。
しかし何らかの理由で悪玉菌が増えると腸内環境が悪化して、下痢になったり便秘になったりします。

 

それだけでなく免疫力も低下するため、菌への抵抗力も弱まって口の中の菌が増殖することが考えられます。
また腸内環境の悪化が続くと、腸内の毒素が血液に乗って全身に巡ります。

 

そうすると毒素が呼気に混ざるため、口臭が臭くなるのです。
腸内環境が乱れていると感じたら、善玉菌が増えるように工夫しましょう。

 

腸内環境が原因の場合は、次第に口臭の変化を感じることができるでしょう。
多くの免疫細胞が腸内にあると言われているので、善玉菌が増えて腸内環境が整えば健康維持にも役立ちます

 

善玉菌を増やすには?

 

まずは与えているドッグフードを確認してみてください。
乳酸菌やビフィズス菌は配合されているでしょうか?

 

これらは人間の腸に良いとされる菌ですが、犬の腸内環境の改善にも効果的です。
それと一緒に添加物の有無についても確認してみてください。

 

なるべく添加物が少なく善玉菌が多いドッグフードを与えることをおすすめします。

 

ドッグフードを変えるのが難しいのならば、食物繊維の多い食材やヨーグルトなどをドッグフードに混ぜてあげると良いでしょう。
例えばバナナやリンゴなどの果物や、キャベツなどの野菜が挙げられます。

 

ヨーグルトは必ず無糖を使用し、大さじ1杯程度を混ぜてあげてください。
また忙しい方には、善玉菌を増やすサプリメントの活用をおすすめします。

 

ストレスも腸内環境の悪化に関わっているので、運動やコミュニケーションを十分にとることも大切です。

 

マッサージもおすすめ!

 

犬のお腹をマッサージしてあげるのもおすすめです。
お腹を撫でられると犬はリラックスすると言われています。

 

そのためはじめは抵抗していても、マッサージに慣れると気持ちよさそうにじっとしていると思います。

 

  1. まずは犬を仰向けに寝かせてください。毛が生えていない部分におへそがあるのを確認できるでしょう。
  2. おへそから1.5cmほど左右に指を滑らせた部分に、天枢というツボがあります。そのツボを優しく押しましょう。
  3. 次におへそから少し上にあるツボを、同じように押します。
  4. 続けておへその少し下にあるツボを押しましょう。
  5. 全部で3か所のツボを押し終わったら、お腹を時計まわりに優しく撫でます。
  6. 仕上げにお腹の上のほうから下に優しく撫で下してください。
  7. 犬が気持ちよさそうにしている場合は、背中も手で円を描きながらマッサージしてあげましょう。

 

リラックス効果が高まる上にコミュニケーションを取ることもできるので、是非毎日取り入れてください。

 

まとめ

 

このように腸内環境の状態は、口臭や健康に大きく関係しています。
犬は言葉で訴えることができないので、飼い主が細かくチェックしてあげるようにしましょう。

 

そして調子が悪そうだなと感じたら、前述の対策方法を試してみてください。
腸内環境が原因であれば、口臭が改善してくると思います。

 

ただ歯磨きなどの口腔ケアを行っていることが前提です。
様々な対策を行ったのにも関わらず状態が改善しない時には、腸内環境を整える対策方法をストップしましょう。

 

そのような場合は、病院で診てもらうことをおすすめします。