いきなり歯ブラシは無理?歯磨きを犬へ慣れさせる方法とは

歯磨き

これまで歯磨きをしたことがない犬にいきなり歯ブラシを使って歯磨きをするのは、少しハードルが高いかもしれません。

 

犬の歯磨きの重要性が広まったのは最近のことなので、歯磨きの経験がない犬はまだたくさんいると思います。

 

子犬の頃は慣れるのが早いですが、成犬になってからだと慣れるまでに少し時間がかかるでしょう。

 

根気が必要ですがステップを踏みながら毎日行えば、大人しく歯磨きをしてくれるようになりますよ。

 

口元に触ることからスタート

 

歯磨きがはじめての犬というのは、突然歯ブラシを口の中に入れられると驚いてしまうものです。

 

それがトラウマになって、歯磨きを嫌いになる犬もいます。

 

そのためまずはコミュニケーションをとりながら口の周辺や口に触れて、口元に触られることに慣れさせることからはじめましょう。

 

  1. 決して口の中には手を入れずに、鼻や口元を軽く触る程度にしてください。
  2. はじめは短時間触れて、少しずつその時間を長くしましょう。
  3. 次に口元を軽く片手で掴みながら、前歯や歯茎に触れてみてください。
  4. 慣れてきたら奥歯や奥の歯茎にも触れてみましょう。

 

大切なのは口に触れられる時間を、楽しい時間だと感じさせてあげることです。

 

口に触れた後は散歩やおやつなど、必ず犬の大好きなことをご褒美として用意してあげましょう。

 

どうしても口に触らせてくれない子の場合は、好きなおやつで気を惹きながら挑戦してみてください。

 

次のステップはガーゼを使用

 

口に触られることに慣れたら、濡らしたガーゼやウェットティッシュなどを使って歯を磨いてみましょう。

 

ガーゼは磨いているときに破れる心配が少ない、不織布タイプが良いでしょう。
ウェットティッシュは、ペット用ならばアルコールや香料が含まれていないので安心です。

 

  1. はじめはこれらを小さく畳んで、前歯や前の歯茎に触れる程度にしましょう。
  2. 抵抗なく行えるようになったら、人差し指に巻いて磨いていきます。
  3. 二つ折りにしたガーゼやウェットティッシュの間に人差し指を入れ、クルクルと巻き付ければ完成です。

 

ここで重要なのは、途中で外れないようにきつく巻くことです。
そうすれば歯の汚れもしっかり磨くことができます。

 

前歯から磨き始め、少しずつ奥の歯へ移動していきましょう。
ガーゼやウェットティッシュが緩くなったら必ず巻き直し、また汚れがひどい場合は新しいガーゼに交換してから再び磨きましょう。

 

最終ステップはスポンジブラシ

 

ガーゼ磨きができたら歯ブラシで磨きたいところですが、いきなり口の中に歯ブラシのような硬いものを入れると嫌がるでしょう。

 

そのため歯ブラシのような持ち手の先端にスポンジがついていて柔らかい、スポンジブラシを使ってみましょう。
これならば粘膜を傷付けずに、歯や歯茎を優しく磨くことができます。

 

様々なスポンジブラシがありますが、波型になっているもののほうが歯や歯茎にフィットして短時間で磨けるのでおすすめです。

 

そのまま使うと滑りが悪くて磨きにくいので、水に濡らすか専用の歯磨き粉をつけてから磨いてください。

 

ガーゼ磨きと同じように前歯からスタートして、様子を見て大丈夫そうならば奥歯へと移動しましょう。

 

できれば1人が後ろから口を引っ張って、もう1人が前から磨けばしっかり汚れを確認しながら丁寧に磨くことができるでしょう。

 

まとめ

 

歯の汚れや口臭が気になるようになったからといって、すぐに歯ブラシを使って磨くと犬もビックリしてしまいます。
必ず今回ご紹介したようなステップを踏んでから、歯ブラシへと移行しましょう。

 

飼い主が様子を見て大丈夫そうならば、ステップを飛ばしても構いません。
ただ成犬や高齢犬の場合は1度恐怖心がついてしまうと克服するのが難しくなってしまうので、慎重に判断することをおすすめします。

 

また普段叱るときに口元を掴んでいる場合は、口元に触られるのを嫌がるかもしれません。
時間をかけて、口元に触られる時間は楽しい時間だと認識させてあげてくださいね。