高齢犬は口臭に要注意?寿命にも影響する理由について

高齢犬

犬はかなり早い段階から口のトラブルを抱えることが多いため、高齢になると口臭が悪化することが多いと思います。
だからと言って諦めるのではなく、口臭に気がついたときにすぐにケアすることが大切です。

 

なぜならば、口臭は健康にも大きく関わってくるからです。
ひどくなると寿命にも影響してきます。

 

ここでは年齢と共に口臭が悪化する理由や、身体に及ぼす影響などを解説していきます。
大切な愛犬のために、今すぐケアをはじめてあげましょう。

 

高齢犬の口臭が悪化する理由

 

高齢犬の口臭の原因は大きく分けると、

  • 歯周病
  • 腸内環境の悪化

の2種類に分けられます。

 

毎日歯磨きをしている場合でも、完璧に汚れを取るのは難しいものです。
ただ普段磨き残した汚れを定期的に病院でクリーニングしてもらっている場合は、口臭がひどくなることはないでしょう。

 

しかしそれをそのままにしておくと歯石に変わり、口臭を発生させることになってしまいます。
ケアをしていなかった場合は、歯茎が炎症を起こし歯周病になるケースがほとんどです。

 

その場合、口臭も鼻をつく程ひどい臭いになることがあります。

 

また腸内環境の悪化は口臭と無関係に思われがちですが、実はとても深い関係があります。
腸内環境が悪化することで免疫力が下がると言われているため、口の中の細菌が活発になって状態が悪化してしまうのです。

 

腸内で発生した有害物質が血液に乗って全身に行き渡ることも、口臭が悪化する原因に挙げられるでしょう。

 

寿命に影響する理由

 

口臭の原因となる歯周病が悪化すると、口腔鼻腔瘻や眼窩下膿瘍などを引き起こすことがあります。
これらは鼻と口が繋がったり、膿が皮膚を破って外部に出てきてしまったりする病気です。

 

この状態でもかなり重症化していますが、さらにひどくなると血管に細菌が入り込み血液に乗って全身に行き渡ります。

 

そうすると心臓や腎臓などの臓器にトラブルが起こる可能性が高くなるため、寿命にも影響してきてしまうのです。

 

腸内環境の悪化も、そのままにしておくと口臭の悪化だけでなく寿命にも影響を及ぼします。
腸内環境が悪いと消化機能も低下するため、食べたものをきちんと消化することができなくなります。

 

そのため、必要な栄養素を十分に補えなくなるでしょう。
また腸内に悪玉菌が増えて有害物質が蔓延すると、免疫力の低下にも繋がります。

 

そうすると抵抗力が低下する他、心臓病などの重大な病気にもかかりやすくなってしまいます。

 

すぐに確認して必要なケアを!

 

自分の犬が高齢の場合は、今すぐに口臭と口の中のチェックをしてみましょう。
汚れがひどいようならば、歯ブラシやガーゼなどで表面の汚れをきれいにすると良いかもしれません。

 

その際口臭の他、歯肉が腫れていたり出血していたりするようならば、歯周病の可能性があります。
またドッグフードやおやつを食べ辛そうにしている場合も、その可能性が高くなります。

 

その際はなるべく早く病院に連れて行き、必要な治療をしてもらいましょう。
もし状態が軽度であれば、歯磨きを徹底することで改善することもあるでしょう。

 

しかし歯周病になっている場合は、麻酔を使用して治療を行うケースが多くなります。
また口臭と口の中のチェックと共に、常に便の状態も確認しておくようにしましょう。

 

病院で問題がないと言われているのにも関わらず腸内の調子が悪いようであれば、状態が悪化しないように対策しなくてはいけません。

 

ヨーグルトやサプリメントなど、腸に良いとされるものを活用してみると良いでしょう。

 

まとめ

 

今さら高齢犬に、嫌がる歯磨きをさせるのは可哀想だと思う方もいるかもしれません。
病院で麻酔をかけて治療を行うのが心配だと感じる方もいるでしょう。

 

しかし口臭があるのにも関わらずそのまま放っておくと、今回紹介したような身体のトラブルに繋がる可能性が高くなります。

 

また歯周病が悪化すると歯がグラつくこともあり、大好きな食べ物を満足に食べられなくなるため犬もストレスを感じてしまいます。
心身共に健康で長生きしてもらうためにも、今できるケアをすぐにはじめてあげましょう。