アンモニア臭がする犬の口臭から考えられる不調とは

不調の犬

犬の口臭で悩んでいる方の中には、アンモニア臭がして不安を覚える方もいるようです。
アンモニア臭は、尿や疲労が溜まっているときの汗の臭いなどと同じです。

 

その臭いが愛犬の口の中から発生するのですから、不安を覚えても無理はありません。
その場合体内に不調を抱えている可能性が高いので、臭いと共に愛犬の様子をよく観察しましょう。

 

考えられる疾患の種類や予防、対策方法などを確認して役立ててください。

 

どんな不調が考えられるの?

 

口からアンモニア臭がする場合は、腎臓や肝臓にトラブルを抱えている可能性が高くなります。

  • 尿毒症
  • 腎不全
  • 慢性肝炎

などが挙げられるでしょう。

 

通常は腎臓や肝臓の働きにより正常な尿が作られますが、機能低下を起こすと有害物質が体内に溜まり体中を巡ります。

 

その結果口からアンモニア臭がするようになってしまうのです。
犬は人間のように身体から汗をかかないので、余計に口からの臭いが気になるかもしれません。

 

これらの疾患が進行すると、全身の臓器に重大な障害が出てしまうこともあります。
そうなると治療を行っても完全には元に戻らないことも多いようです。

 

そのためタオルなどで口の中を拭い、臭いが歯や歯茎などからくるものでないことを確認したらすぐに病院に連れていくことをおすすめします。

 

しかし中にははっきりとした原因がない場合もあるようです。
いずれにしても病院でしっかり診てもらえば不安は解消されるでしょう。

 

臭い以外の症状はないですか?

 

アンモニア臭が気になったら、愛犬のその他の行動も注意深く見るようにしましょう。
腎臓にトラブルがある場合は、血液中に有害物質が蓄積するため消化器官も正常に働かなくなります。

 

そのため食欲不振や吐き気などの症状が現れることが多いようです。
その結果体重減少や下痢、貧血なども見られるようになります。

 

また尿の排泄が減ったり、出なくなったりなどの変化も起こります。
ひどくなると身体が痙攣したり昏睡状態になったりすることもあるようです。

 

尿毒症や腎不全などの疾患は数日程度で症状が急激に悪化することもあるため、その前に見つけてあげることが大切です。

 

肝臓にトラブルがある場合も下痢や嘔吐などの症状が現れます。
しかし水を飲む回数やおしっこの回数が増えるのは、腎臓のトラブルとは異なる点でしょう。

 

その他歯茎の色が黄色くなるなどの特徴もあります。

 

予防や対策の方法は?

 

口の中の細菌が原因で様々な臓器の不調を招くことも多いため、予防としては歯磨きを徹底することが大切です。

 

それと同時に、バランスの良い食事と愛犬の運動量に合った運動を心掛けましょう。
特に食事に関しては、たんぱく質と塩分の量に注意してください。

 

また尿の色や量、回数なども毎日確認することをおすすめします。
腎臓や肝臓の疾患が起こってしまっている場合は、自分だけでできる対策はないと考えたほうが良いでしょう。

 

腎不全や尿毒症の場合は末期のことも多く、一刻も早く治療を受ける必要があります。
点滴や薬での治療や、医師の指導の元での食事療法などで症状の悪化を防ぐことになるでしょう。

 

しかし中には医師に診てもらっても、いまいち原因がわからない子もいるようです。

 

その場合、整腸作用や消臭作用のあるフードやサプリメントなどを取り入れる飼い主の方も多いようなので参考にしてみてください。

 

その際は配合されている成分をよく確認して、高価格でも無添加、無着色のものを選ぶようにすると良いでしょう。

 

まとめ

 

このように愛犬の口からアンモニア臭がする時は、重大なトラブルを抱えている可能性が高いと認識しておいたほうが良いでしょう。

 

口の中に潜んでいる細菌が原因で腎臓や肝臓に不調が出る場合もありますが、その他のことが原因のこともあります。

 

高齢になればなるほどその危険性は高くなるでしょう。
1番は不調が起こらないように予防することです。

 

万が一アンモニア臭がしたり行動に変化が見られたりしたら、すぐにかかりつけの医師に相談してくださいね。