犬種による口臭の違いは?臭くなりやすいタイプについて

犬種

3歳以上の約8割が歯周病や口臭になるというデータがあるくらい、犬を飼っている方にとって犬の口臭は身近な問題です。

 

歯の手入れを怠ることが1番の要因ですが、犬種が関係することもあります。
そのため臭いを発生しやすい犬種かを把握しておきましょう。

 

もちろんどの犬種も丁寧に歯磨きする必要がありますが、口臭を発生しやすい犬種の場合はより丁寧に歯磨きを行ってください。

 

そうすれば臭くなりやすい犬種であっても、爽やかな息ときれいな歯を保つことができるでしょう。

 

口臭を発生しやすい犬種は?

 

一般的にトイプードルやチワワなどの小型犬は、歯周病になりやすい犬として知られています。
歯周病になりやすいということは、口臭も発生しやすいということです。

 

中でもミニチュアダックスフンドは、歯周病が重度になることが多いと言われています。
またパグやブルドッグなどの短毛種も、歯周病になりやすいです。

 

これらの犬種は顎が小さく、歯並びが悪くなりやすいことが理由に挙げられます。

 

そのため細部まで磨きにくくなるというのも、歯周病や口臭を悪化させる原因でしょう。
小型犬や短毛種は特に口臭を発生しやすい犬種ですが、中型犬や大型犬であっても注意が必要です。

 

歯肉が腫れる歯肉炎になることが多く、口臭の原因になるので細菌を溜め込まないように丁寧に歯磨きをしましょう。

 

その他遺伝が関係することもあるため、可能ならば親の情報なども詳細に把握しておきましょう。

 

正しく歯磨きをすれば大丈夫!

 

口臭を発生しやすい犬種であっても、歯磨きを正しく行えば大丈夫です。
まず歯ブラシ選びが重要なので、犬のサイズに合った歯ブラシを見極めましょう。

 

小型犬の場合は顎が小さいので、ヘッドが小さい歯ブラシがおすすめです。
また歯周ポケットまでしっかり磨けるように、犬専用の柔らかい毛先のものを選ぶようにしましょう。

 

中型犬や大型犬はもう少し大き目でも大丈夫です。
歯ブラシを歯周ポケットに当てて、中の汚れを掻き出すようにしてください。

 

強く擦りすぎると出血することがあるので、優しく歯ブラシを動かすことが大切なポイントです。
小型犬の場合は、奥の歯が磨きにくいと感じることもあるでしょう。

 

そのようなときは、全方向にブラシが付いた360度歯ブラシが役立ちます。

 

自己流では正しく磨けていないことも多いので、1度獣医師からレクチャーしてもらうと良いでしょう。

 

病院で定期的にクリーニング

 

毎日丁寧に磨いていても、奥歯や内側の歯などは完璧に磨くのが難しいものです。
その状態のままでいると細菌が繁殖して歯肉炎や歯石になり、口臭へと繋がってしまいます。

 

そのため、定期的に動物病院できれいに取り除いてもらいましょう。

 

半年に1回かもしくは1年に1回くらいで大丈夫ですが、可能ならばもっとペースを速めても良いと思います。

 

歯の表面だけでなく、専用の道具を使って歯周ポケットに入り込んだ汚れまでしっかり落としてくれるので安心です。

 

また歯の表面の汚れも薄く削ってくれるので、見違えるほど白くてきれいな歯になるでしょう。
そうすれば歯垢がつきにくくなるため、歯磨きも楽になります。

 

歯周病が悪化すると、全身麻酔をかけて治療したり抜歯したりしなくてはいけなくなります。
その状態では口臭もひどくなるでしょう。

 

全身麻酔は犬にとって負担が大きくなるので、病院でのクリーニングも取り入れて完璧な状態を保ってください。

 

まとめ

 

このように口臭が発生しやすい犬種は確かに存在します。
しかし毎日きちんと正しい歯磨きをしていれば、口臭が発生する可能性がかなり低くなるでしょう。

 

歯磨きの他にも、フードに気をつけたりサプリメントを取り入れたりするのも良いと思います。
色々な角度から口臭ケアをしても、口臭が気になってくることもあるでしょう。

 

その原因は歯磨きの際の磨き残しにあることがほとんどです。
場合によっては、内臓のトラブルからくることもあります。

 

原因を正しく知るためにも、動物病院で定期的にケアしてもらうことが大切です。
毎日の歯磨きと、動物病院でのケアを組み合わせれば万全でしょう。