犬の口臭予防を意識したドッグフード選びのポイントとは

ドッグフード

ドッグフードを見直すことも、口臭予防に繋がります。
口にするドッグフードによっては口臭だけでなく、体臭や尿、便にも影響してきます。

 

ドッグフードを選ぶ際は、年齢や好みの味などで選んでいる方も多いでしょう。
しかしこれからは、口臭予防のためにはどんなドッグフードが良いかというのを意識しながら選んでみてください。

 

多くの場合それらのドッグフードは健康にも役立つので、一石二鳥にもそれ以上にもなるでしょう。

 

ドライフードを選んで

 

口臭の原因は歯垢や歯石にあることが多いため、これらがつきにくいドッグフードを選ぶ必要があります。

 

ウェットタイプやセミモイストタイプなどの様々なタイプのドッグフードがありますが、なるべくドライフードを選ぶようにしましょう。

 

ウェットタイプやセミモイストタイプには色々な味がある上に食べやすいため、好む犬が多いと思います。

 

しかし食べカスが残りやすく歯垢や歯石の原因になるため、避けたほうが無難です。

 

高齢犬やドライフードが苦手な犬などには、ドライフードに少量のお湯をかけて柔らかくしてから食べさせると良いでしょう。

 

また一般的なドッグフードに含まれていることが多い、保存料や添加物も口臭に大きく関わっているようです。

 

そのため価格は高くなりますが、愛犬のことを考えるならば無添加のドライフードを選ぶことをおすすめします。

 

デンタルケアができるドッグフードにも注目

 

歯垢や歯石除去効果があるドッグフードを選べばさらに効果的です。
多くは歯垢や歯石の除去に役立つ小さい粒を、ドライフードの粒に混ぜています。

 

奥歯にまでフィットしやすい形状になっているため、普通に食事をしながらデンタルケアすることができます。

 

フードを食べるだけで完璧に汚れがなくなることはありませんが、その後のケアがかなり楽になるでしょう。

 

歯磨きケアも一緒に行えば、かなり口臭を予防することができると思います。
デンタルケアできるドッグフードと聞くと味に疑問を感じる方が多いと思いますが、その点も工夫されている商品が多いです。

 

例えば素材の旨みを濃縮して詰め込んでいたり、犬が好む香りで表面をコーティングしていたりと様々です。

 

いくら口臭予防に効果的なドッグフードとはいえ食べてくれないと意味がないので、このように工夫されているのはうれしいですね。

 

口臭予防アイテムをドッグフードにプラスするのもOK

 

口臭予防効果が期待できるアイテムを、ドッグフードに加えるのも良いでしょう。
例えば口臭予防効果が高いと言われている、天然の植物エキスなどが挙げられます。

 

古くから民間療法に用いられている植物ならば、安心して使用することができるでしょう。

 

これらには

  • 強い殺菌作用
  • 消臭作用
  • 防腐作用

があるため、口の中の炎症や細菌を抑えながら口臭予防することが可能です。

 

また善玉菌を増やす効果も期待できるので、免疫力の強化にも役立ちます。
そのため抵抗力がついて、口の中の細菌による歯周病やその他の疾患なども防ぐこともできるでしょう。

 

ドッグフードに数滴垂らすだけなので、犬も抵抗なく食べてくれると思います。
ただ選ぶ際は余計なものが混ざっていないものを選ぶということが重要です。

 

必ず天然の植物エキスを使用している商品を選ぶようにしましょう。
判断が難しい場合は、身体に優しい商品ばかりを扱っていて実績のあるところで選ぶというのも1つの方法です。

 

まとめ

 

愛犬の口臭と一緒に体臭や尿の臭いなども嗅いでみて、臭いと感じるようならば思い切ってドッグフードを見直しましょう。

 

突然変えると食べてくれない場合も多いので、はじめはいつものフードに新しいフードを少し混ぜ段々と量を増やしていきましょう。

 

高齢犬の場合は、医師と相談しながら決めると安心して与えられると思います。
即効性は期待できませんが、続ければきっと変化に気がつく日がくるはずです。

 

それだけでなく健康にも役立つので、是非変えてあげましょう。
毎日食べるものなので、歯や身体に優しくて味もおいしいドッグフードを選んであげたいですね。