犬の口臭が魚臭い・生臭い場合に考えられる主な原因は?

生臭い

犬の口臭が生臭いと感じたことはありませんか?
魚が腐ったような独特の臭いで、いくら可愛い愛犬と言えこの臭いを嗅ぐとついのけぞってしまうでしょう。

 

しかし口臭が気になる場合は、ほとんどがこのような生臭い臭いを感じることが多いと思います。
その臭いの原因に挙げられるのは、大抵歯周病です。

 

歯磨きを怠っている犬は、日に日に臭いがきつくなるでしょう。
しかしそれ以外にも原因はあるため、色々な可能性を考えて対策を考えることが大切です。

 

口の中のトラブルが断トツ!

 

口臭が生臭いと感じる場合は、口の中にトラブルが起こっているケースがほとんどです。
最も多いのが歯周病で、歯垢や歯石が溜まることで生臭い臭いが発生します。

 

歯茎から出血している場合は、余計に生臭く感じるでしょう。
しかし口内炎や舌炎などが起こっている際も、このような臭いを発することがあります。

 

どちらも歯周病の細菌が原因で起こることが多いようですが、口や舌が痛くなるのでフードやおやつを満足に食べることができなくなります。

 

口臭やよだれが多くなる他、患部が赤くただれるのでよく観察しましょう。
また虫歯が原因の場合もあります。

 

犬は虫歯になりにくいと言われていますが、歯磨きをあまりしないまま高齢になるとやはり虫歯になる可能性は高くなります。

 

歯垢や歯石がついていないかを確認する他、エナメル質が溶けていないかもチェックしましょう。

 

虫歯がひどくなると全身麻酔をして抜歯しなくてはいけなくなるので、その前に早めに治療を受けることが大切です。

 

腸内環境が悪化している場合も!

 

腸内環境が乱れているときも、生臭い口臭になることがあるため注意が必要です。

 

犬の腸内には人間と同じように善玉菌と悪玉菌が存在していますが、善玉菌が多いと腸内環境が安定します。

 

免疫力の向上や消化促進にも役立つため、健康な身体を保つためには善玉菌はなくてはならない存在です。

 

一方悪玉菌が増えるとこれとは真逆の現象が起こります。
そればかりか悪玉菌から発生した毒素が体内に吸収されるため、便や口臭が臭くなるのです。

 

口臭のチェック以外に、便の色や量などもよく確認しましょう。
便の色や量がいつもと違ったり排便の回数が異なったりするようであれば、腸内環境の乱れを疑いましょう。

 

犬も高齢になると腸内環境が乱れやすくなるので、特に注意深く観察しなくてはいけません。

 

善玉菌を増やすようなフードやサプリメントなどを与えて、様子を見ると良いでしょう。
愛犬家の中には、フードにヨーグルトを少量混ぜて与える方も多いようです。

 

フードが原因のこともある

 

これら以外に食べ物が原因のこともあります。
たんぱく質や脂質が多く含まれているフードは注意が必要です。

 

缶詰などのウェットタイプのフードを食べている子は、歯のトラブルを起こしやすく口臭に繋がると言われているため特に注意しましょう。

 

また添加物がたくさん含まれていると消化不良を起こすことが多く、腸内環境が悪化するため嫌な臭いの原因になります。
今与えているフードがどのようなものか、もう1度確認して必要ならば見直しましょう。

 

高品質で消化吸収率の高いフードを選ぶことが大切ですが、1つ1つ素材を確かめるのは困難でしょう。

 

無添加の商品ならば安心して食べさせられるものが多いのでおすすめです。

 

フードだけでなく、おやつも無添加で消化の良いものを与えると良いでしょう。
ジャーキーを好む子も多くいますが、ジャーキーにはたんぱく質が多く含まれているため臭いの元になります。

 

高齢犬の場合は消化がスムーズにいかないことも多いので、代わりになるものを与えましょう。

 

まとめ

 

生臭い臭いは口のトラブルが原因のことが多いのですが、今回紹介したようにその他の原因の場合もあります。
口臭が生臭いと感じたら、口の中の確認と共に便やフードの確認も行いましょう。

 

これまでは大丈夫だったフードでも年と共に合わなくなることもあるので、定期的に見直すと良いでしょう。
この時点で適切に対処することで、様々な病気を防げる場合も多々あります。

 

早く気が付いてあげられるのは飼い主しかいないので、少しの変化も見逃さないようにしてください。

 

年齢を重ねているのだから口臭がするのは仕方がないと放置せずに、愛犬の様子を見ながらすぐにできる対策を実行してくださいね。