犬の歯周病による口臭を防ぐためにはどんな対策が必要なのか

歯周病対策

犬の口から強烈な口臭がしてきたら、歯周病を疑いましょう。
犬は虫歯になりにくいと言われていますが、歯周病になる子はとても多いようです。

 

一緒に生活してから1度もケアしていないという場合は、危険度が高くなります。
口臭だけでなく様々な身体のトラブルにも繋がるので、放置せずにきちんと対処しましょう。

 

もちろん発症を未然に防ぐことが1番大事です。
ここでは歯周病の予防方法や、歯周病が疑われるときの対策方法などを紹介していきます。

 

犬の歯周病とは?

 

歯周病は、歯周ポケットに歯垢が長い間溜まったままになることで発症すると言われています。
歯垢には大便と同じくらいの菌が存在しており、その菌が歯や歯の周辺に張り付きます。

 

それに唾液が混ざることで、48時間後には歯磨きでは落としにくい歯石に変化してしまうのです。
歯石の中は菌が育ちやすいと言われているため、どんどん菌が増えて歯周病に繋がります。

 

ひどくなると、内臓疾患を併発したり膿が皮膚を突き破って出てきたりすることもあります。

 

歯周病は大きく分けると歯肉炎と歯周炎の2段階に分かれるので、初期の歯肉炎の段階で気が付いてしっかり対策を行うことが大切です。

 

歯茎に炎症が起こっていないか、毎日チェックしましょう。
進行すると歯茎が腫れたり出血したりするようになります。

 

歯がグラグラしているようならば、症状が進行して歯周炎になっている可能性があります。
口臭の他、フードを食べるときに食べ辛そうにしていないかも確認するようにしましょう。

 

効果的な予防方法は?

 

歯周病を予防するには、毎日歯磨きをするしかありません。
フードを食べたら歯磨きをするということを、習慣にしてください。

 

その際普通の歯ブラシではなく、毛先が柔らかくて歯周ポケットまでしっかり磨けるものを選びましょう。

 

犬用の歯ブラシが理想的ですが、小型犬の場合は人間の子供用のものでも大丈夫ですし大型犬の場合は人間用のものでも代用できます。

 

できれば歯ブラシで磨いた後に、歯磨きシートで拭くのがおすすめです。
歯ブラシが苦手な子は、歯磨きシートで磨くだけでも良いでしょう。

 

愛犬の好きなご褒美を用意するなどしながら、歯磨きの時間を楽しい時間にしてあげてください。

 

口に触れられるのは嫌な子の場合は、デンタルガムなどを活用してみましょう。
歯垢がつきにくいフードに替えるという方法もあります。

 

ただこれらだけでは歯垢がつくのを完全に防ぐことはできません。

 

最終的には歯磨きができるように、根気強く訓練しましょう。

 

歯周病が疑われるときは病院へ!

 

歯周病が疑われるときは、なるべく早く病院に連れていきましょう。
なぜならば症状が進行すると、前述のように身体の様々な部分に不調が表れることがあるからです。

 

また歯周病になってしまうと、自分だけで対策を行うのは難しいものです。
医師にきちんと診てもらって、その後の治療方法や対策方法の判断を仰ぎましょう。

 

軽い歯肉炎程度ならば、麻酔をせずに歯石をとって終了することもあります。
費用もそれ程高額になることはないでしょう。

 

しかし症状が進行している場合は、全身麻酔をして歯石や歯周ポケットをキレイにしたり場合によっては抜歯したりすることもあります。

 

無麻酔と比較すると費用が高額になるケースが多い他、愛犬の身体にも負担がかかります。
高齢の場合は特にリスクが高くなるでしょう。

 

そのため、なるべく早く発見して治療を受ける必要があります。

 

まとめ

 

歯周病は歯の根元の病気なので、例え歯がキレイでも安心はできません。
歯垢を取り除くだけでなく、歯周ポケットの汚れも念入りに磨きましょう。

 

しかし人間でも歯磨きを完璧にすることは難しいものです。
動物病院で正しい歯磨きの方法を教えてもらい、その日の汚れをしっかり落としてあげましょう。

 

また口臭は、歯周病やその他の病気を探るバロメーターでもあります。
口を触られることに慣れていない場合は嫌がるかもしれませんが、できるだけ歯茎に鼻を近づけるなどしてこまめに口臭を確認しましょう。