犬の口臭に効果的な歯石除去の方法・どんな犬におすすめ?

歯石除去

犬の口臭は歯石が大きく関係しているため、歯石がこびりついている場合はきちんと除去すればその悩みが軽減されるでしょう。
歯石がどれくらいついているかによって、除去方法も変わってきます。

 

しかしいずれにせよ1度歯石がついてしまうと、除去が困難になるということは覚えておきましょう。
できれば毎日の歯磨きで、歯石がつくのを予防してください。

 

もし歯石がついてしまった場合は自分の犬に合った歯石除去方法を見極めて、きれいにしてあげましょう。

 

1番安心なのは病院での除去

 

歯石がたくさんこびりついている場合は、病院で除去してもらうことをおすすめします。
病院だとお任せすればきれいに除去してもらえますし、何よりもプロにお願いできるので安心です。

 

ただ歯の治療に力を入れている病院とそうでない病院があるので、きちんと調べて選択しましょう。

 

通常歯石がたくさんついている場合は麻酔をして除去することがほとんどですが、中には無麻酔で除去を行う病院もあります。

 

痛みを我慢させながら除去するのではなく、超音波のスケーラーを用いて除去していくようです。

 

高齢犬や持病を抱えている子に麻酔をかけるのは、不安だという飼い主の方が多いと思います。
しかしこれならば、安心して除去してもらうことができるでしょう。

 

歯石をつきにくくする処置や炎症や感染を防ぐ処置などもしてくれるので、しばらくはその後のケアも楽です。

 

その際正しい歯磨きの方法なども教えてもらえば、今後歯石をつきにくくすることができるでしょう。

 

自宅でもできる歯石除去方法

 

歯石がそれ程ひどくない子は、自宅でも除去することが可能です。
自宅で行う歯石除去方法として一般的なのが、スケーラーを使用して除去する方法です。

 

鎌の角度が90度のプロ用のスケーラーは、歯石が取れやすいためおすすめです。

 

しかし一方で刃先が鋭く、使い方を間違えると口の中を傷付ける恐れがあるというデメリットもあります。

 

そのため医師に使い方を教えてもらうか、はじめは価格が安くて危険性が少ないタイプのスケーラーを使用すると良いでしょう。

 

また歯石除去スプレーで、歯石の除去や予防をすることもできます。
ケア方法は、スプレーを直接歯に吹きかけて擦るだけと簡単です。

 

商品によって使用するタイミングなどが異なるため、よく確認してから使用してください。
ただスケーラーによる歯石除去に比べてリスクが少ない分、きれいになるまでの期間はある程度かかります。

 

その点はあらかじめ把握しておきましょう。

 

高齢犬や歯周病になりやすい犬種には特におすすめ

 

どんな犬も歯磨きを怠っていれば歯石がつきやすくなります。
そのまま高齢になった場合は、かなり歯石が目立つようになるでしょう。

 

それが原因で歯周病やその他の病気を引き起こしている可能性も考えられます。

 

5歳以上の犬の約8割は歯周病になっているというデータもあるため、歯磨きをしていなかった場合はかなり可能性が高くなるでしょう。

 

そのため1度病院できちんと歯石を除去してもらい、その後は定期的に健康診断と一緒に歯の診断も受けるようにしましょう。

 

また小型犬や短毛種は歯周病になりやすいと言われています。
歯周病になりやすいということは、歯石がつきやすいということでもあります。

 

そのため、他の犬種よりも気を付けて歯のケアをしたほうが良いでしょう。
缶詰やおやつをたくさん食べる犬も、丁寧な歯磨きの他小まめな歯石除去が必要です。

 

まとめ

 

歯石除去は怖いイメージを持つ方や難しいと感じる方が多いのではないでしょうか?
しかし最近は歯の治療に力を入れている動物病院が増えてきており、治療方法の選択も広がっています。

 

ホームページなどを見て、自分が好む歯石除去方法を取り入れている病院に1度相談してみましょう。

 

病院でしっかり歯石を除去してもらった場合、約9割もの飼い主が口臭の改善を実感しているようです。

 

自分で歯石除去を行った場合もこれには劣るかもしれませんが、全く何もしないよりは改善が期待できるでしょう。
自宅で除去する方法も選択肢の中に入れて、自分や愛犬に合った方法を選択してくださいね。