歯磨きが苦手なワンちゃんにおすすめの口臭予防おもちゃ

犬のおもちゃ

遊びながら口臭予防ができたら、こんな素晴らしいことはありませんよね?
今は歯磨き効果が期待できるおもちゃがたくさん販売されているので、歯磨きが苦手で悩んでいる方は注目してみてください。

 

歯磨きと違ってどうしても一部分だけのケアになりがちですが、それでも何もしないよりは良いと思います。

 

小型犬用や子犬用など犬のサイズや年齢によって選ぶおもちゃも変わってくるので、自分の犬に最適なものを選んでくださいね。

 

口臭予防に相応しいおもちゃとは?

 

口臭予防のおもちゃで代表的なものと言えば、ロープ製のおもちゃでしょう。
ロープの繋ぎ目が歯に当たって、歯の汚れを除去する仕組みになっています。

 

犬のサイズに合ったものを選べば、顎に負担をかけずに遊びながら口臭予防することができます。

 

飼い主と引っ張り合いをして遊ぶのにも向いているので、コミュニケーションを取る手段としても最適でしょう。

 

また骨型の形にブラシがついたおもちゃもあります。
噛むことでブラシが歯と歯肉の隙間に入りこむため、歯垢をきれいにする効果が期待できます。

 

このタイプのおもちゃが好みならば、次第に歯磨きができるようになる可能性が高いです。

 

ただ匂いや硬さなどの犬にとって興味を惹かれるものがあまりないので、犬によっては飽きてしまうかもしれません。

 

そのような場合は、木製のおもちゃにも注目してみましょう。
木をかじることで歯の汚れを除去するのですが、細かい木が身体の中に入ったとしても便と一緒に排泄されるようになっているので安心です。

 

子犬にはどんなおもちゃが良い?

 

子犬の場合はまだ丈夫な歯や顎ができていないので、成犬と異なるおもちゃを与える必要があります。
歯や顎に優しい、布製のおもちゃを選ぶようにしましょう。

 

サイコロや輪になったタイプなど様々な形状のおもちゃがあるので、愛犬が興味を惹きそうなものを選んでください。
ただの布をカミカミさせるだけでも、歯垢除去効果が期待できます。

 

遊び好きな子の場合は、飼い主と一緒に布を引っ張り合って遊ぶのも良いでしょう。
しかし布製のおもちゃは、すぐに傷んでしまうというデメリットがあります。

 

その状態のものをいつまでも使っていると効果が半減するばかりか、細菌がついて逆効果になることも考えられます。
そのため、小まめに新しいものに替えてあげるようにしましょう。

 

また誤飲の危険性もあります。
布製のおもちゃを与えるときは、必ず飼い主の目の届くところで与えるようにしてくださいね。

 

おもちゃを与えるときの注意点

 

おもちゃを選ぶときは、口の中に入れても安心な素材を使っているか確認することが大切です。
それと一緒に、口の中を傷付ける心配がないかも確認しましょう。

 

専用のおもちゃの多くはそれらの心配がないものですが、犬によっては硬いおもちゃを噛むことで出血する場合もあります。

 

そのような子には、もう少し柔らか目のおもちゃを選んであげなくてはいけません。

 

また子犬に口臭予防のおもちゃを与えた場合、噛むことが良いことだと認識する可能性もあります。

 

おもちゃと同じように人の手などを噛んだのでは、大問題になってしまいます。
ダメなものはダメときちんとしつけて、遊ぶときとそれ以外のときのメリハリをつけましょう。

 

布で遊ばせる場合も、布製のものを全て噛んでしまわないようにしつける必要があります。
はじめにきちんとしつければ、おもちゃ以外にはイタズラをしなくなるので大丈夫です。

 

まとめ

 

口臭予防のおもちゃはたくさんあるので、購入するときは迷うと思います。
犬のサイズに合ったおもちゃを選ぶのはもちろんのこと、安全性や好みに合っているか否かも確認して選びましょう。

 

ネットでは価格がお手頃になっていることが多いです。
しかし触り心地などを確認することはできないため、できれば1度販売店に足を運び直接触れてみることをおすすめします。

 

このようなおもちゃは何もケアをしないよりは効果的ですが、全ての歯をキレイにするのは難しいものです。

 

そのため最終的には歯磨きができるように努力しましょう。
歯磨きに慣れさせる準備として、是非口臭予防のおもちゃを活用してみてくださいね。